設立にかかる費用

会社設立にかかる費用について

会社設立を使用かどうかと悩んでいる人にとって、最も大きな問題は費用ではないでしょうか。
節税できるなどのメリットがあるために設立しようかどうかと考えている人は多いとは思いますが、あまりにもお金がかかりすぎるのではないかと躊躇してしまう人もいるでしょう。
では、実際にはどれくらいのお金があれば良いのでしょうか。

個人事業主が会社設立をするときには多くのお金が必要となるのですが、その中で最も大きなものが資本金です。
資本金は支払うだけではなくて、最初に準備するだけのものですから、その後は会社経営に使うことができ、費用ではないとも考えられますが、最初に準備しなければならないお金で、数百万円くらいは必要だと考えておきましょう。

法律によって資原罠絵蹴ればならない費用がいくつかあります。
会社設立をするときには定款を作成する必要があります。
株式会社の場合、作成した定款に問題がないかどうかを確認するために、公証人に認証してもらうことが必要となります。
この認証の手続きにかかるものとして手数料がありますが、この手数料が5万円かかります。

合同会社の場合には認証の手続きが必要ありませんから、5万円分安くなります。
定款には印紙を貼らなければなりませんが、その金額は4万円です。
ただし、電子定款を作成すれば印紙を貼る必要がなくなります。
電子定款を作成すれば、つまり4万円分費用を抑えられるのです。

税金としては登録免許税が発生します。
登録免許税とは登記を行うときに支払う税金のことで、会社設立の場合には会社の種類によって金額が異なります。
株式会社の場合には15万円で、合同会社の場合には6万円です。

会社設立にはこのようにいろいろな費用がかかりますが、できるだけ安くしようと考えるのなら電子定款を作成するのが良いでしょう。
その場合、株式会社では合計で20万円かかり、合同会社の場合には6万円かかります。
つまり、最も安くしようと思えば、6万円で良いわけです。

ただ、電子定款を作成するためには機器が必要となりますから、会社設立を代行してくれる専門業者に依頼することが必要となります。
そのためにはいくらかの報酬を支払わなければなりません。
この報酬の金額はそれぞれで異なりますが、1万円未満のものもあります。
会社としての機能を求めるよりも、節税や社会的信用力のために法人が欲しいと思っているのであれば、10万円もかけずに設立が可能です。”