メリットのある会社設立

いろいろなメリットのある会社設立


個人事業主としてずっと経営を続けてきた人にとって、このまま個人事業として経営を行っていくべきか、それとも会社設立をするべきかは悩むところではないでしょうか。

もちろんですが手続きは必要となりますからそのためのコストもかかりますし、時間もある程度はとられます。
ですから、面倒だと感じてしまって、このまま個人事業を続けていこうと考える方もいらっしゃるでしょう。
しかし、そのメリットを把握すると、手続きにかかるコストや時間を考えても、会社設立をした方が良いと思われるのではないでしょうか。

まずどのようなメリットがあるのかを知ってから、どうするべきなのかを検討しましょう。

会社設立をするメリットの中で最も多くの人が魅力的に感じるのは節税効果です。
同じ事業を行っていて、同じだけの売り上げを上げ、同じだけの経費が発生していたとしても、会社設立をすることによって税金を安くできるケースが多いです。

つまり、全く同じ事をしているにもかかわらず税金が安くなるのですから、税引き後の利益は大きくなります。
たとえば売り上げが1,000万円を超えれば消費税を支払わなければなりませんが、会社設立をすれば原則として2年間は消費税を支払う必要がありません。
社会的な信用力が高くなるという点も優れた点の一つだと言えるでしょう。

会社設立をすれば、会社の属性が公開されます。
たとえば資本金の情報は登記事項として公開されることになりますから、社会的な信用力が高まります。
社会的な信用力が高まることによって取引先が増えるケースもあります。

企業の中には個人事業主とは取引を行わないところもあります。
取引先を広げるための方法の一つとして会社設立をすることは効果的なことだと言えるでしょう。
また、許認可の必要な事業の中には、個人ではできない場合もあります。
法人であれば情報が公開されているために、社会的な信用力を高めることができると考えられます。

このようにいろいろなメリットがあるために会社設立をしようと考える人は多くいます。
もちろんですが、会社設立をするためには時間も手間もかかりますし、いくらかのお金もかかりますから、良いことばかりではありませんから、それらを考慮しておく必要はあります。

これらを考慮したとしても、やはり個人よりも法人で営業したいと考える人は多くいるという現実があることを考えれば、メリットの方が大きいケースが多いと考えられます。”